住宅ローン審査と物件の評価とは?

住宅ローン審査と購入物件の評価については、一般的に建築会社で新築する場合や新築マンションや新築の建売住宅を購入する際はあまり気にする必要はありません。
それは、新築は建物評価が100%の状態なので、とくに住宅ローン審査をする必要なく満額の借りれ額を得ることが出来るからです。
しかし、中古住宅の場合は話がややこしくなります。
まず、築年数によって借り入れ年数が短くされることがあるからです。
一般的に35年返済で借り入れする人が多いので、それが短くなることは借りれ可能額が少なくなり購入できる物件も絞られてしまいます。
その他にも建物の担保評価としての価値がどのくらいあるかで借入総額の制限が出てくることもあります。