キャッシングとクレジットカードの使い方

キャッシングとかクレジットという言葉をよく耳にしますが、2つの言葉に違いはあるのでしょうか。
英語でCreditといえば、信用のことです。
クレジットカードとは、個人の信用を担保に必要なサービスを受けるためのものです。
今現金を持っていなくても、クレジットカードを所有していれば購入手続が可能です。
最近のクレジットカードには、カード利用料に応じてポイントが溜まったり、旅行傷害保険がついていたりします。
クレジットカードは、信販会社やクレジットカード会社が発行しています。
キャッシングとは、個人の信用を担保として融資を利用できるというものです。
キャッシングとは消費者金融、信販会社、クレジット会社などから現金を借りることなのです。
クレジットカードは買い物をツケ払いで済ますことであり、キャッシングはお金を借りることだといえます。
クレジットカードに、クレジット機能とキャッシング機能の両方がついているようなクレジットカードを発行する金融会社もあります。
けれども、キャッシングをクレジットカードでやろうとした場合、キャッシング専用のカードよりも借入額が低くなります。
大抵の場合、キャッシングカードとして発行されているカードは、キャッシングにしか使えません。
キャッシングカードをATMなどに使うことで融資を受けられます。
多目的に利用したいならクレジットカード、まとまったお金を借りたいのならキャッシングカードを選ぶのがおすすめです。